家具運搬

大型家具運搬

 

大型家具運送

 

大型家具運ぶ

 

大型家具移動

 

大型家具運搬

 

大型家具引越し運搬

 

大型家具輸送

 

 

家具の運搬にお困りですか?
家具を運搬してくれるのは、大手の宅配業者か引越し業者、便利屋などです。

 

この中で1番安く運んでくれる可能性があるのは、引越し業者です。
引越し業者は数が多く、価格競争があるのでオススメです。

 

しかも引越し業者は一括見積もりが出来るので、相場や最安値を知りたい時にも簡単です。

 

家具 運搬

 

引越し業者には家具だけを運んで欲しいと言う依頼も多いのです。
近距離引越しの場合、小さな荷物は自分で運ぶから大きな家具だけ運んで欲しいという人がいます。

 

引越し費用が抑えられるので、人気のあるサービスなのです。
お気軽にお問合せくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し費用を安くしたい

 

引越し費用を安く

 

引っ越し費用は高いので、少しでも安くするために条件を見直ししてみませんか?
荷物の量に比例して費用は高くなりますので、引越し前にできるだけ不用品は捨てたり、あげたり、売ったりして処分してください。

 

引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いためとても人気があります。
平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
出来ることなら平日に引越ししましょう。大安も人気のある日なので高い場合があります。

 

午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
誰しも朝からく荷物を運び入れて早く荷解きがしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

そして費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便という方法があります。
荷物の数が揃うまで発送できないので、時間に余裕のない人はオススメできませんが費用が安いので一考の価値ありです。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しの時期と値段

 

引越し時期と費用

 

実は引越しの値段は1年中いつでも同じではありません。

 

同じ距離で同じ量の荷物で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が大きく変わります。
これは冷蔵庫のみを運びたいときも同じです。

 

では繁忙期とは?

 

繁忙期はズバリ3月です。
正確に言いますと2月の終わりから4月の頭までの時期で、この時期は日本全国の引越し業者が大忙しなのです。

 

中でも3月は1年で一番引越しの件数が多くなり、引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越します。
それだけではありません。
多くの会社では春と秋に人事異動があって、春の人事異動が4月の新学期前に行われるのです。
つまり転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しもここに加わります。

 

これだけ多くの引越し理由が新学期の前にあるのですから、3月前後の繁忙期は大忙しなのです。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しの大まかな手順

 

大型家具引越し手順

 

引越しの時にはすることが多すぎて辟易します。
一度大まかな手順を確認することで、やるべきことが見えてきますよ。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の情報も費用に関係するからです。
新居にエレベーターがあるのかないのかで引越しかかる時間が大きく変わります。
新居が決まったらすぐに一括見積もりをして、一番良い引越し業者をおさえておきましょう。

 

そして新居に運ぶ荷物は、出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。新居に持って行ったけど結局捨てたなんていうのは勿体ないです。
大型家具ももし古くて買い替えを検討しているなら、引越し前に捨ててしまいましょう。

 

市外へ引越しする場合は、市町村役場に行って「転出届」を提出しましょう。
転出届は引越し日の2週間前から提出することが可能です。
役所に行ったついでに、国民健康保険や国民年金にも手続きが必要か確認しておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越しする日までは現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
その日までに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれるはずです。精算方法は会社によって異なるので電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるように手配するのもお忘れなく。

 

郵便物が新居に届かないのはとても不便ですね。
しかし郵便局で「転送届」を提出しておけば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
この間に知り合いに「引越ししました」という連絡を入れてくださいね。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
ただ大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品、データ類などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大型家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくとスムーズに作業が進んでいいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に「転入届」を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に「転居届」を提出します。

 

荷解きはどうぞゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など住所変更が必要そうなところへの連絡をします。
免許証などは身分証になりますので、引越ししたら早めに警察署に行きましょう。
パスポートも行くのを忘れるといざという時に使えないなんてことになりますから、お忘れなく。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か電話で確認しましょう。

 

 

引越し業者のオプションとは

 

家具 引っ越し

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代とで成りたっています。
ではこのオプションにはどんなものがあるのでしょうか?

 

引越し業者が行う代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

中でも依頼がおおいのがエアコンの取り付け・取り外しです。
エアコンの移設は自分でやろうと思ってもできませんし、かといって自分で電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。
引越し業者に依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれますから自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

車は近距離なら自分で運転して運べば済みますが、遠距離だとそうもいきません。
体力に自信がない、運転に自信がない、高速道路が怖い、時間がない、いろいろな事情で運べないこともあります。
そんな時に車の陸送サービスが便利です。

 

家のリフォームなどで一時的に引越しする場合、荷物が入りきらない場合もあります。
そういう時には荷物の一時預かりサービスが便利です。